【20代で、借金1300万円からの大逆転劇】自分は「出来ない人間」ということを認める。

それだけで人間、変われるんです。

と語るのは、20代で、借金1300万円、返済のために、厳しい世界とは知りながらも、不動産投資の世界へ

元、大手不動産投資会社の管理職まで上り詰めたにも関わらず、人に喜ばれる仕事がしたいと、現在は、ガソリン共同組合の代理店で経費削減を提案されている石田益崇さんをお招きしてインタビューにお付き合い頂きました。

投資用不動産の販売をされたきっかけはなんですか?

20代の頃なんですが、嫁と小売業を始めて失敗したんです、泣

初めは、上手くいくと鷹をくくってたんですが、そうは上手くいかず、結果的に1300万円の借金を抱えてしまったんです、泣

私が、29歳の時です。

その当時、生活もままならない状態だったので、借金を返済するために、仕事を始めよう、それも、給与の高い仕事。

そこで、兄の紹介で、大手投資用不動産会社に就職をしたんです。

元々、人と話すのが得意だったんで、これならやれる!

すぐに稼いで返してやる!

って考えてました。

ただ、こちらも、現実はそう甘くなく...

当たり前ですが、入社当時は、全く結果を出せなかったんです。

そして、中途入社なんで、先輩はほぼ年下。

そんな年下が、自分よりも大きな結果を出してるんですよ。

もう、精神的にも金銭的にも、本当に辛かったですねー、あの頃は...

結果を出せるようになったきっかけって何だったんですか?

私が、仕事をなめていたと言うか、簡単に売れるだろう、みたいな感じが出ていたんでしょうね。

それを、上司はお見通しだったみたいで...

ある日、こんな事を言われたんです。

 

お前はプライドが高すぎる!

自分は「出来ない人間」ということを、まずは認めろと...

そして、認めてから切り替えろ!

そう、言われたんです。

その時、これまでの辛かったこと、定時なんて有って無いようなものでしたし、今では考えられないような暴力的な日常の日々、それでも、耐えて、耐えて、食らい付いてでも、何とか結果を残さないと、借金が返せない...

そんなことを思い返した私は、思わず!

大泣きー、笑

自分でも驚きましたが、大泣きしてしまったんです、笑

それも、社内で...笑

そこからですね、自分が変われたのは!

自分は「出来ない人間」と認めたら、見えるようになってきたんです。

周りが。

さらに、もっと知識も付けたいと、勉強もするようになりました。

その頃から、数字も上がり始め、結果4年で借金を完済できました。

数年後には、出世して管理職にもなれました。

なので、当時の上司には、今でも本当に感謝しています。

管理職までなられて、なぜ転職をされたのですか?

投資用不動産の販売をしていく中で、違和感を感じ始めたんです。

お客様にとって投資用不動産を購入するメリットが本当にあるのかと。

そんな、違和感です。

なので、その頃からですが、全ての方にメリットのあるものを販売したり、提案したりする仕事をしたいと考え始めました。

そして、今では、現在の、ガソリンの経費削減の仕事をしています。

企業様に対して、ガソリン代が安くなる提案です。

過去2ヶ月分の給油代を教えて頂ければ、どれだけ安くなるのかも、すぐに試算できますので、メリットを感じて頂いて契約して頂いています。

今では、ストレスもなく、楽しく仕事をさせてもらっています。

最後に一言お願い致します

今、不況だったり、ガソリンが高騰してたりするじゃないですか。

その中で企業にとって、経費削減は本当に重要な課題だと思うんですね。

建築業界の方とか意外とガソリンの組合のことを知らないので、是非、教えてもらえたら、きっと喜んでもらえると思います。

経費削減から、社長の心も満タンに!

と言うことで、本日は、誠にありがとうございました。

LINE公式アカウント

友だち追加